フラワーギフト専門店 関西・中国・四国・九州への花の通販/宅配はフラワーショップコスモスへ

花を通して「想い」を伝える

フラワーショップコスモス

〒886-0004 宮崎県小林市細野169-7

受付時間:8:00~18:00(土曜・日曜・祝日も営業してます!)

お花の通販/宅配
新鮮なフラワーギフトを
九州へお届けします。
お気軽にお問合せください
0984-23-9892

花贈りのしきたりとマナー

日本には古来より、贈り物のしきたりや作法が数多く存在します。
お花を贈る際にも多くのしきたりがあります。当店ではお客様からご依頼いただくご注文の用途に合わせて、その用途にふさわしい花材や色などを選んで商品を作成しています。

現在では、そこまで古いしきたりにはこだわらないという人も増えてきていますが、相手へ失礼のない範囲で必要最低限のマナーを知っておくことはとても重要なことです。

マナーが重視される花贈り
  • お見舞いの花
  • 出産祝いの花
  • 開店・開業・移転祝いの花
  • お供え・お悔やみの花

マナーをどこまで重視するかは、相手との「親密度」によります。

相手との関係が親密であればあるほど、「相手の好みの色や花」を選ぶとよいでしょう。
しかし、ビジネス上の花贈りなど、そんなに相手の事を知らない場合や目上の方へ贈る場合には、無難に花贈りのマナーを押さえておくべきです。

お見舞いと出産祝いの花贈り

お見舞いと出産祝いに向いた花

お見舞いの花には、見ているだけで元気になれるような暖色系がおすすめです。

病気や怪我をした人へのお見舞いの花で気を付けることは、「縁起が悪いもの」「病気や怪我を連想させるもの」を避け、なるべく明るい気分になれる色を選びましょう。また、病室で体を動かすのが不自由なことが多いので、管理のしやすい花をおすすめします。

出産は病気ではありませんが、出産祝いでお花を贈る場合も、赤ちゃんを産んだばかりのお母さんの手を煩わせないために、管理のしやすい花であったり明るく幸せな気分になれる色で贈ると喜ばれます。

おすすめの色合い

  • ピンクオレンジ系(明るく柔らかい色合い)
  • 黄色オレンジ系(ビタミンカラーとも言われる。暖色系で色が強すぎない)


おすすめの商品

  • アレンジメント(もらってからすぐに飾れる。水替えなどの手間も要らない。)
お見舞いにはタブーの花

お見舞いに鉢物はタブー」というしきたりが存在しますが、その理由は、「根付く寝付く」と連想されるからです。

ただ、近年ではあまり気にされない方も増えており、「ガーデニング好きな方のお見舞いだから」と鉢物を持っていくというケースもあります。逆に「鉢植えのほうが長持ちする」という理由から鉢物を贈る方もいらっしゃいます。

マナーやしきたりは知っておいて損はしませんが、贈る方と贈られる方、お互いの感じ方が大切になってくると思います。

お見舞いの花を贈る際のポイント

まだまだ今の日本では、「お見舞いに鉢物は縁起が悪い」と世間に広く認知されているので、鉢物を受け取った方がどういった反応をするのか分からない場合や、特別な理由がないのであれば鉢物の贈り物は避けておくことが無難です。

ですが、しきたりを守ることはベターな選択ではありますが、必ずしも贈り主と相手の方にとってのベストとは限りません。親しい間柄であれば、何が本当に相手に喜ばれるのかを考えて贈る事が、あなたの気持ちが伝わる「フラワーギフト」となるはずです。

開店・開業・移転祝いの花贈り

マナーについて

開店・開業・移転・引っ越し祝いなどの花贈りのマナーは、お供えやお見舞いと比べるとだいぶゆるやかでおすすめできる商品も増えます。
ですが、名札の書き方などいくつか気を付けておかなければならない事もあります。

まずは、開店・開業・移転・引っ越し祝いのおすすめの花からご紹介致します。

相手に合わせて贈ることが大事

開店・開業・移転・引っ越し祝いの花は、相手のシチュエーションに合わせて選びましょう。
おすすめの花は、

  • 洋蘭の鉢物
  • 観葉植物
  • フラワーアレンジ
  • スタンド花

などです。

それぞれの特徴と適した場所やシチュエーションをご紹介致します。

洋蘭の鉢物

胡蝶蘭は世話が簡単で長持ちします。

胡蝶蘭などランの花は一般的にとても長持ちします。鉢植えなら開花から1~3ヶ月くらい持ち、花粉が飛ぶ心配もありません。光は室内の蛍光灯の光程度でよく、水やりもあまり要らず管理が簡単というメリットがあります。

特に弁護士事務所や会計事務所、病院、格式があったほうが好ましい場所などでは、胡蝶蘭がとても喜ばれます。

胡蝶蘭の他にも洋蘭の花は、夏はデンファレ、冬はシンビジュームなどがあります。それぞれ高さのある縦に長い鉢物ですので、スペースに余裕がない場所でも気にすることなく飾ることができます。

観葉植物

オフィスなど殺風景になりがちな場所では大変喜ばれます。

観葉植物は、テーブルにでも置けるくらいの小ぶりなものから、人の背丈と同じくらいの高さのあるものまで様々です。基本的には週に1回程度の水やりをしていれば育つ、手がかからない贈り物です。

会社・事務所などオフィスではどうしても殺風景になりがちです。長時間のパソコンなどで目が疲れたり、人工物ばかりで癒しが欲しいと感じた時に、近くにグリーンがあるとマイナスイオンの効果も期待でき、とても心が休まります。

但し、夜間営業のバーなど店内の照明が暗めのお店であったり、窓が無く風通しが悪い環境ではうまく育たない可能性もあります。その際は、アレンジメントなど切り花のほうがよいかもしれません。

スタンド花

ボリューム感があり人の目を惹きます。

開店したばかりのお店に大きなスタンド花が並んでいるととても華やかです。スタンド花はとても目立つので、通りを走る車のドライバーであったり、お店の前を歩く通行人にも「新しいお店がオープンしたんだ」と認識してもらえる可能性が高まります。

ですので、オープンしたばかりのお店の方からしてもとてもありがたい贈り物なのです。ずっと店頭に飾っておきたいと仰るオーナーさまもいるほどです。

とにかく派手に目立たせたいとお考えの方におすすめする商品です。

スタンド花を頼む際に注意すべき点は、

  • 店舗の広さを事前に確認しておく事
  • 開店当日の朝などの配達を極力避ける

ということです。

スタンド花はとても大きな贈り物ですので、お店に花を設置する場所が無くお客さんが通る導線をふさいでしまうなど、営業の妨げになってしまってはせっかくの花贈りが台無しです。店舗の広さなどが分からない場合は、お店のオーナー様へスタンド花の持ち込みが可能かどうか事前に確認しておきましょう。

そして、特に開店初日の朝などは、お店の方は開店準備等で忙しくされていることが多く、花屋が花を持ち込むことで、お手を煩わせてしまう可能性もあります。
絶対ということではありませんが、オープン前日の夕方にお花を届けておくように手配するなどの配慮が必要です。こちらもオーナー様へ、いつのお届けがベストか事前確認しておくことをおすすめ致します。

フラワーアレンジ

フラワーアレンジは、店舗のオープン祝い開業/移転祝いの際にスタンド花ほど大きくなくてもいいけど、華やかな贈り物がしたいとお考えの方におすすめです。
また、店舗がそんなに広くなく、スペースに余裕がないといった場合にも便利です。

そして、フラワーアレンジのもう一つの特徴は、花材や色合いなどあなたの贈りたいイメージに合わせて選ぶことができ、自由なデザイン性を表現できるという点です。

気を付けておくべきポイントとしては、開院祝いなど病院へお花を贈る際は生花の持ち込みが可能かを事前に確認しておきましょう。
近年、病院などでは感染症などの理由から生花の持ち込みを拒否する病院も増えてきておりますので、お見舞い用ではなく開院祝い用であってもアレンジメントを贈る際は配慮が必要です。

名札の書き方

スタンド花や開店/開業/開院祝いなどの鉢植え、観葉植物などには、名札をつけることが一般的です。
お祝い事の名札には、

  • 表書き(祝開店・祝御開業など)
  • 贈り主(ご注文主)
  • 届け先(お店なら店舗名、会社なら会社名、個人なら個人名を記載する)

の、3つを記載することが一般的です。

地域によっても様々な書き方がありますので、これが絶対正しい!という事は一概に言えませんが、上記の3つを押さえておけばまず間違いありません。

よくあるお客様からのご質問に「表書き」があります。花を注文する時の用途によって変わってくるので、何と書けば良いのか迷ってしまうという方も少なくありません。
下記に一般的に用いられる表書きをご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。
どうしても迷ってしまうという方は、どんな用途にでも合わせられる「御祝」が無難です。

一般的な表書きの種類

あと、その他の表書きに関しては下記のようなご質問が多く寄せられます。

表書きの書き方 よくあるご質問

「ご開店」と「御開店」、どちらが正しいんですか?

どちらも間違いではありません。

結論から言いますと、どちらも正しいです。どちらでも間違いではありませんが、より丁寧に感じるのは「御開店」としたほうだと思いますので、取引先などビジネスとしての花贈りの際には「御開店」とするほうがベターです。

逆に、「ご開店」を使用するケースとしては、友人や知人・家族など親しい間柄の人へ贈る場合が挙げられます。ひらがなを使うことで、あまり仰々しく感じず、やわらかい印象になります。あまり堅苦しくしたくない場合におすすめです。

お供え・お悔やみの花贈り

葬儀前に花を贈りたい時

葬儀の前に、ご遺体の枕元にお供えする花のことを「枕花(まくらばな)」と言います。
枕元に供える枕花の相場は、5,000円~10,000円くらいの金額が一般的です。

枕花として使用する商品には、そのまま飾れる「アレンジメント」がおすすめです。

花束だと、ラッピングをほどいて花瓶を用意して、活ける手間がかかってしまうので、ご遺族の手を煩わせてしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。

贈る花の色合いは、「白基調」が無難です。

白1色で仕上げることを、花屋の業界用語で「白あがり」と言います。

初七日から四十九日までに贈る花

遺族にとっては告別式から慌ただしく初七日が過ぎ、一息ついて故人を失った悲しさが増す頃でもあります。遺族を励まし、慰める気持ちを込めて贈りましょう。

初七日から四十九日までに贈るお花のは、飾る手間の要らない「アレンジメント」が無難です。

まだ、亡くなってから間がないので、お花の色合いは白基調がおすすめです。
但し、白一色では寂しいと感じる場合は、白系のアレンジに少しピンクや黄色、紫などの色を入れて、淡くやさしい色合いで贈られてもよいでしょう。

亡くなられた方がお子さんであったり、長生きされた方の場合は、比較的明るめの色を選ばれることが多いです。

基本的に色合い自体にタブーはありませんので、受け取っていただくご遺族の方が喜んでくれる色合いは何か?ということを考えて選ぶことが重要だと思います。

四十九日までの間に供える花に付ける名札の表書きは、「御霊前」または「ご霊前」が一般的です。

四十九日以降の花贈り

四十九日を過ぎてから供えるお花は「ご仏前」と呼びます。

亡くなってからまだ日が浅い時には、わりと白基調が一般的ですが、四十九日を過ぎると花の色もだんだんと明るく華やかな色目を使用する傾向があります。
故人のイメージや人柄に合わせて、かなり強めの色合いを希望される方もいらっしゃいます。

お花の種類は、「アレンジメント」や「花束」が一般的です。

四十九日法要のためのお花を用意する場合は、法事を行うお寺や会場に、「受取り(持込み)の可否」を事前に確認しておきましょう。
その際のお花は、受け取ってからすぐに置いて飾れる「アレンジメント」がおすすめです。

また、法事が午前中に行われる場合は、お花の配達時間を「当日の午前中」に指定すると、式にお花が間に合わない可能性があります。ですので、午前中の法事に間に合わせる為には前日の夕方などに、法事が行われるお寺や会場へ前もって手配しておくような配慮が必要です。

仏花について

仏花(ぶっか・ぶつばな)」とは、お墓や仏壇に供える花のことです。一般的に仏花として売られているのは、1束500円~800円程の花束で、菊の花と数種類の洋花がセットになっています。

仏花によく使われる花は、輪菊・小菊・マム(洋菊)・カーネーション・スターチスなど、なるべく長持ちする花が使用されます。

お墓でも仏壇でも両脇に2つ花瓶がありますので、仏花は基本的に2束で1ペアです。この1ペアのことを、「1対(いっつい)」と呼びます。

また最近では、伝統的な仏花よりも故人が好きだった花や色に合わせて供える方も増えてきております。「菊類は入れずに洋風のイメージで」などのリクエストも多く頂くようになりました。
ただ、遺族の中には、古くからのしきたりや色合いなどを非常に気にされる方がいらっしゃることもあります。
故人にふさわしい花を贈りたい!!という「自分の判断」と「相手や周りの方が喜ぶか」という両方の視点に立ち、バランスを考慮したお花を選ぶことが大切になってくると思います。

相手や周囲の人が喜ぶかどうかを考えて、ケースバイケースで選ぶことが出来れば、絶対にこうしなくてはいけない!! という贈り方や飾り方は存在しません。

Instagram(インスタグラム)

フラワーショップコスモス 公式Instagramです。
ホームページだけではお伝えしきれない、当店が日々制作しているお花の画像などをInstagramを通してお伝えできればと思っております。ご注文の際の参考としてご覧下さい。

新着情報

2021年2月15日 「お客様の声」ページを更新しました。

2020年10月20日 「花束」ページを更新しました。

2020年10月16日 「お供えアレンジメント商品を追加しました。

2020年10月9日 「お祝い生花アレンジメント商品を追加しました。

2020年9月30日 「お祝い生花アレンジメント商品を追加しました。

2020年9月26日 「お祝い生花アレンジメント5Lサイズ」ページを追加しました。

2020年9月26日 「お供え生花アレンジメント5Lサイズ」ページを追加しました。

2020年9月14日 「お供え生花アレンジメント」ページを更新しました。

2020年9月14日 「生花アレンジメント」ページを更新しました。

2020年9月12日 「石けん素材のお花ソープフラワー」ページを追加しました。

2020年9月5日 「お祝い用プリザーブドフラワー」ページを追加しました。

2020年9月2日 「ウェディング・結婚式の花」ページを追加しました。

2020年8月30日 「お供え用プリザーブドフラワー」ページを追加しました。

2020年6月18日 「夏季限定!!ひまわりギフト特集」ページを追加しました。

2020年6月13日 「バラの花束 (30本~100本)」ページを追加しました。

2020年6月13日 「バラの花束 (ミニブーケ)」ページを追加しました。

2020年6月13日 「バルーンフラワー」ページを更新しました。

2020年6月13日 「お客様の声」ページを更新しました。

2020年5月25日 お支払方法に「PayPay(ペイペイオンライン決済)」が追加されました。

2020年4月26日 「お客様の声」ページを更新しました。

2020年4月10日 「2020年母の日ギフト特集」ページを追加しました。

2020年2月29日 「お客様の声」ページを更新しました。

2019年12月20日   年末年始 休業のお知らせ

2019年11月15日 「お客様の声」ページを更新しました。

2019年11月13日   「ビジネス花」ページを追加しました。

2019年8月12日     「くまのマックス(ぬいぐるみ)&花束セット」ページを更新しました。

2019年6月7日    「お客様の声」ページを更新しました。

2019年5月21日       Paypal(ペイパル)の『かんたん銀行決済』を導入しました。

2019年5月7日     「2019年母の日特集 あじさい・ダンスパーティ」一部商品変更のお知らせ

2019年4月17日   「2019年母の日ギフト特集」ページを更新しました。

2019年4月17日   「お客様の声」ページを更新しました。

2019年1月27日   「お客様の声」ページを更新しました。

2018年11月28日 「お客様の声」ページを更新しました。

2018年10月25日 「お客様の声」ページを更新しました。

2018年9月10日   「お客様の声」ページを更新しました。

2018年6月24日   「ペットのお供え花」ページを更新しました。

ご注文から商品のお届けまで

~ ショッピングインフォメーション ~

  • クレジット決済
  • PayPay(ペイペイオンライン決済)
  • ペイジー決済
  • コンビニ決済
  • 銀行振込
  • 郵便振替
  • 店頭支払い

全品送料無料です。

クール便対応商品をご注文された場合は別途500円がかかります。

原則としてご入金確認後の発送・配達とさせて頂いております。

【アレンジ・花束・寄せ鉢・胡蝶蘭】の配送は西日本のみとさせて頂きます。

関西・中国・四国・九州へお届け可能です。(沖縄・離島は除く)

【プリザーブドフラワー】は全国対応です。

クロネコヤマト宅急便・福山通運に委託します。

自店配達エリアは当店から直接お届け致します。

ご注文日の3日後以降からお届け日を指定できます。

九州各県へは発送日の翌日(最短午前中)に配達致します。

ご注文後のキャンセルは、発送日の3日前までにお電話またはメールにてご連絡下さい。

また、お届け先・お客様ご都合による返品に関しましては、返金には応じられません。

お買い物ガイド

西日本へお届け可能です!

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島(離島・沖縄県は除く)

お支払い方法について

クレジット決済・PayPay・コンビニ決済・ペイジー決済・銀行振込・郵便振替に対応しています。

お問合せはこちら

メールまたはお電話にお問い合わせください

お電話でのお問合せはこちら

0984-23-9892

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。