フラワーギフト専門店 関西・中国・四国・九州への花の通販/宅配はフラワーショップコスモスへ

花を通して「想い」を伝える

フラワーショップコスモス

〒886-0004 宮崎県小林市細野169-7

受付時間:8:00~18:00(土曜・日曜・祝日も営業してます!)

お花の通販/宅配
新鮮なフラワーギフトを
九州へお届けします。
お気軽にお問合せください
0984-23-9892

G20サミットに伴う交通規制のお知らせ

いつもフラワーショップコスモスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
大阪市内で『G20サミット』が開催されることに伴い、大阪市内で大規模な交通規制が行われる影響で、6月26日(水)から7月2日(火)頃まで、関西地方の一部地域へのお届けに遅れが生じる可能性があります。この影響で、下記の地域で一時的に配送業務を中止いたします。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

対象地域:大阪府(全域)、兵庫県(芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市)

お花の正しい扱い方

花は「生きもの」です

花も命ある生きものです。水なしでは生きられません。

花は「命ある生きもの」です。
改めて「生きている」と考えることはあまり少ないかもしれませんが、私たち人間と同じように呼吸をしています。

朝起きて、お腹が空いたら食事をし、のどが乾いたら水を飲み、夜休みます。極端に暑かったり寒かったりする環境は苦手です。

病気にだってかかることもあります。

生きているから、この世に生まれて、成長して、子孫を残して、命を終えてゆきます。

私たち人間がその命のサイクルの中で花を見て、「綺麗だな」「素敵だな」と感じ、心癒されるのはどうしてでしょう?

花は季節を感じさせてくれたり、その美しい色彩で人々を感動せてくれる存在でもあります。

水揚げ(みずあげ)とは?

下葉を取る際は、花を傷めたり折らないように丁寧に行います。

水揚げ」とは、水を吸い上げる力を復活させる作業のことを言います。
花を持ち歩いたり、常に温かい手で握っていると花も疲れて元気がなくなることがあります。

植物は茎の切り口から水分を吸い上げますが、切り口が一度空気に触れてしまうと導管に空気が入り込み、新しい水を吸い上げられなくなります。

花市場から入荷されてきた花は、一度切り口が空気に触れ、水を切らした状態なので当店のような生花店ではこの「水揚げ」という作業を行い、花を管理しています。どの花も1本1本丁寧に行うことが花の鮮度を守ることに繋がります。

その花に合う方法で一度入ってしまった空気を追い出し、水を吸い上げる力を復活させます。水を吸い上げる力が復活し、花がピンと元気になることを「水が揚がる」、その反対で元気がなくなった状態を「水が揚がらない」または「花が下がった」と表現します。

下葉を取る際は、花を傷めたり折らないように丁寧に行います。

切花が長持ちしない多くの原因は、切り口から吸い上げる水分と葉から蒸発される水分のバランスが崩れるからです。

花屋から買ってきた花材を長持ちさせるためには、水分や栄養分が分散しないように、不要なツボミや葉っぱを整理する必要があります。

葉が多いとせっかく吸い上げた水分が余分なところへいってしまい、水の揚がりが悪くなるので、不要な葉は極力取り除きます。

バケツには常に綺麗な水を溜めています。

生花店では水揚げをする際にバケツに水を溜めるのですが、切り花の葉が水に浸からないように下葉を綺麗にそぎ落としてから水に入れるように行います。

下葉を綺麗にそぎ落とす理由としては、葉が水に浸かるとバクテリアの繁殖を促進させてしまい、腐敗の原因に繋がるからです。

切り花は月・水・金の週3回、花の生産者から花市場へ、花市場から花店へクリーンな状態で運ばれます。

そして、その運ばれてきた花には1本1本適切な水揚げ処理が行われ、花店の店頭に並んでいるのです。

花バサミの正しい使い方

人差し指を入れたまま切ると力が逃げる

生花店や園芸店で使われるハサミは、普通のハサミと違い、刃の部分が短くなっているのが特徴です。

少し不恰好にも見えますが、この刃が短くなっていることで力が入りやすく、固い茎や枝ものでも問題なく切ることができます。

茎を切る時は、水を吸い上げる断面が広いほど良いので、斜めカットが基本です。
茎を真っ直ぐにカットした場合よりも斜めにカットする方が茎の切り口が広がり、より多くの水分を吸収することができます。

ハサミを切る時はゆっくりと押すように切ってはいけません。一気にパチン!! と切ることがポイントです。

理由としては、ゆっくり切ろうとすると両サイドから負荷が掛かり、茎の導管が壊れてしまいまともに水を吸い上げられなくなってしまうからです。

ですので、茎を切る際はできるだけ切れ味の良い刃で一気にスパッ!!と切りましょう。

茎を斜めに切ることがポイントです

茎を真っ直ぐに切らない

茎を真っ直ぐにカットしたときよりも、斜めにカットしたときのほうが切り口の断面積が広がります。
断面積が広がるという事は、お花にとっては水を吸収する面積が広がるため栄養分が多く行渡り、より長生きできるというメリットがあります。
この「斜め切り」は、どこの花屋さんでも基本中の基本として知られているテクニックでもあります。

皆さんもお花をご家庭で扱うときには、ぜひこういったテクニックを活用してみて下さい。

他にも様々なタイプの花バサミがあります

生花店や園芸店などで使用するハサミにも様々なタイプがあります。

それぞれ特徴があり、主にラッピングペーパー・リボン・ワイヤーなどを切る時に使うタイプの「クラフトバサミ」や、枝物など茎の固いものを切る時に最適な「剪定バサミ」などがあります。
剪定バサミには、長時間使用する際に手の負担を軽減させてくれるバネ式になっているものもあります。

初心者の方には、剪定ばさみよりもグリップがざらざらとした滑り止めがついたハサミがおすすめです。(※左から2番目の赤いハサミが初心者におすすめです。メーカー:坂源 さかげん)

フローリストナイフの正しい使い方

親指と刃の間隔は常に一定を保つこと。

上記でご説明したように、ハサミを使用すると両サイドから掛かる負荷により導管へのダメージが大きくなってしまいます。
そこでおすすめなのが「フローリストナイフ」と言われるナイフです。

フローリストナイフの特徴は、ハサミよりも刃が鋭く、茎を斜め横からスパッ!!と切り落とせるので、導管を潰す心配がないというところです。
そして、ナイフでカットしたほうが切り口の断面は広がります。

ですが、花バサミよりも危険で扱いにくい印象から、プロが使用する道具として敬遠する人も多いようです。安全に使うために持ち方や力の入れ方、手の動かし方など、基本的な使い方にはコツが必要となります。

ナイフに不慣れな方は、ケガをしないためにもしっかりと正しい使い方をマスターしてからチャレンジしましょう。

水切り(みずぎり)

水揚げはほとんどの花に適しています。

「水切り」とは、茎を水の中に入れたまま花バサミで茎を斜めにカットする、ポピュラーな水揚げ方法です。

水の中でカットすることで、切り口にかかる水圧で水が揚がりやすくなります。
水圧を利用することで茎の中に入り込んだ空気を逃がしてやることができます。

水切りをスムーズにするためには、ハサミの切れ味も大きく作用します。
切れ味が悪いと、切り口がぐちゃぐちゃになり、茎の繊維を破壊してしまうので刃の部分はしっかりと手入れしておきましょう。

一般的に生花店では水揚げ処理を施した後に花を店頭に並べていますが、花を買ってきて花瓶に移し替える際などは、この水切りを行うことで花の寿命を長くすることができます。
新鮮な花材であれば、水揚げはこの作業のみで十分なのではないかというくらいオールマイティな水揚げ方法です。

湯揚げ(ゆあげ)

菊やストック、菜の花などにおススメです。

「花の茎をお湯で煮る」と言うと、少し驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、この湯揚げという方法はいろんな意味でとても効果があります。

まず、切り口を消毒してくれます。茎の先端にはバクテリアがいることが多く、お湯で煮ることでバクテリアを死滅させることができます。

そして、茎の中に入り込んだ空気を取り除く効果です。
お湯で茎の先端を煮ると、中からブクブクと気泡と呼ばれる泡が出てきます。これによって導管の空気が抜け、一気に水を吸い上げてくれます。

お湯につける時間は茎の柔らかいものはおよそ20秒ぐらいで、固いものになると40秒くらいが目安です。
また、湯気が花や葉に直接当たらないように新聞紙で包んで保護しながら行うとよいです。

焼き揚げ(やきあげ)

焼き揚げをする際は部屋が臭くなることもありますので、十分配慮して行って下さい。

一番難しいとされている燃焼法(焼き揚げ)による効果は、湯揚げと似ています。

バクテリアを死滅させる殺菌効果と導管内の空気を逃がし水の吸収力を高める、といった効果があります。

そして、焼くことによるメリットは、焼いて切り口を炭状化させることで、元々の炭と同じ効果を発揮し水の腐敗を防ぐことができます。

切り口を焼いて行う焼き揚げという方法は、一般的にデルフィニウムやブバルディア、ユーフォルビアなど限られた花のみで行われます。

水折り

適する花材は菊やリンドウ、トルコキキョウなどです。

「水折り」のメリットは、道具が要らないというところです。
ハサミやナイフを使わないので切り口にバクテリアが付着しません。

水折りの方法はとても簡単です。
水中で茎の先端から2~3cmのところをポキッ!!と折るだけです。

空中で折ってから水につけても全く問題はありませんが、水中でやるほうが効果は上がります。

理由は、水中で折る方が切り口を一度も空気にさらすことなく水を吸収させることができるからです。

割る

根本から2~3cmくらいの切り込みを入れるのがポイントです。

枝物全般の水揚げには、割る方法が適しています。
枝の根本から縦に切断して行います。
十字に割るとより効果的です。

大きく太い枝ほど水を吸い上げる力が強く、細い枝ほど吸い上げる力が弱くなります。

サクラやモモ、ドウダンツツジなど枝物を水揚げする際におすすめです。

叩く

ハンマーや金づちを使用します。

枝物など茎が固く、なかなかハサミで切れない場合などに用いられる水揚げ方法です。
茎が固い花や枝などは元々、水上がりが悪いため、叩くことで茎の繊維を壊します。

茎の繊維を壊すことで、導管が剥き出しになり、断面積が増えるので水上りが良くなる効果があります。

ですが、やみくもに叩くとかえって逆効果になります。”潰す” のではなく、”ほぐす” というイメージで行いましょう。

お花が弱っていたら

深水をする

ポイントは新聞紙などで花を真っ直ぐきつめに巻くことです。

花屋で花を買って自宅へ帰りついた時には、花がグッタリとして元気がなくなっていたという場合におすすめの復活方法が、「深水(ふかみず)」という方法です。

深水は水圧を利用して茎全体に水分を行き渡らせます。
花に元気がない場合には、多少、葉が水に浸かるくらいのところまで水に浸けておいて下さい。

早急に、より多くの水分を与えてあげるために葉からも水分を吸収させることが狙いです。

新聞紙などで花をきつめに真っ直ぐ巻きます。
このとき、茎を軽く引っ張り、花首も縦に真っ直ぐな状態にしておきましょう。

その後、水切りを行い水の入ったバケツに40分~1時間くらい置きます。

弱冠、時間はかかりますが、どの花にも効果のある水揚げ方法です。

長持ちさせるためにはこんな方法も

一般によく知られた技ではありますが、ご家庭でも手軽に出来るのでまだ一度も試したことが無い方などにはおすすめです。

10円玉を入れる

10円玉は銅でできており、銅には殺菌効果殺菌を分解する効果があると言われております。

ですので、水の入った花瓶の中に入れておくことで、水中に繁殖しやすいバクテリアを死滅させてくれるので、お花が長持ちします。

洗剤・漂白剤を入れる

こちらの洗剤・漂白剤を入れるという方法も10円玉と同様、殺菌効果が期待できるのでバクテリアの繁殖を防ぎます。

殺菌効果により、バクテリアの繁殖を防ぐため何もしないよりは水の腐敗を遅らせてくれ、結果的に花の日持ちが良くなります。

ですが、当店で無料で配布している「切花延命剤(きりばなえんめいざい)」のように、花に栄養分を与えるといった効果はありません。

あくまで、水を綺麗に保つ効果があることで長持ちするという事です。

入れる量は花瓶のサイズにもよりますが、1適~2適程度で抑えておきましょう。入れすぎは逆効果になります。

~純粋にお花を楽しむために~

ここまで、数種類の水揚げ方法をご紹介しましたが、これらはあくまで生花店などのプロが行う水揚げテクニックです。

「自宅にちょこっとお花を飾ろうかな」など、ただお花を飾って楽しみたいと思っていらっしゃる方や初心者の方はそんなに難しく考える必要はありません

花に合わせて焼いたり湯揚げしたり、叩いたり割ったりする水揚げ方法はより効果的ではありますが、単純に水切りしておくだけでもちゃんと水は揚がります。

ご紹介した水揚げ方法は知っておいて損はしない花の知識ではありますが、「こうしなくてはいけない!」とガチガチに考えてはいけません。

しっかりと水が揚がっているようだから、それでOK!!」くらいの、軽い気持ちでお花を楽しんでいただければ幸いです。
 

新着情報

2019年6月7日   「お客様の声」ページを更新しました。

2019年5月21日      Paypal(ペイパル)の『かんたん銀行決済』を導入しました。(ペイパルのサイトへ移動します)

2019年5月7日   「2019年母の日特集 あじさい・ダンスパーティ」一部商品変更のお知らせ

2019年4月17日   「2019年母の日ギフト特集」ページを更新しました。

2019年4月17日   「お客様の声」ページを更新しました。

2019年1月27日   「お客様の声」ページを更新しました。

2018年11月28日   「お客様の声」ページを更新しました。

2018年10月25日   「お客様の声」ページを更新しました。

2018年9月10日   「お客様の声」ページを更新しました。

2018年6月24日   「ペットのお供え花」ページを更新しました。

2018年6月24日   「お客様の声」ページを更新しました。

2018年6月24日      「アニマルオーナメントフラワーSサイズ」ページを追加しました。

2018年6月14日      「癒しのハーバリウム&寄せ鉢ギフト」ページを追加しました。

2018年6月12日      「ぬいぐるみ&フラワーアレンジセットLサイズ」ページを追加しました。

2018年6月12日      「バラいっぱいのハートボックスフラワー」ページを追加しました。

2018年6月9日      「くまのルンちゃん&花束セット」ページを更新しました。

2018年6月9日      「くまのチップ&花束セット」ページを更新しました。

2018年6月9日      「くまのマックス&花束セット」ページを更新しました。

2018年6月2日   「お客様の声」ページを更新しました。

2018年5月25日    「ハーバリウム」商品を追加しました。

ご注文から商品のお届けまで

~ ショッピングインフォメーション ~

お支払いは、

  • クレジット決済
  • ペイジー決済
  • コンビニ決済
  • 銀行振込
  • 郵便振替
  • 店頭支払い

を、ご利用いただけます。

全品送料無料です。

クール便を選択されたお客様は、別途500円がかかります。

原則として、ご入金確認後の発送・配達とさせて頂いております。

【アレンジ・花束・寄せ鉢・胡蝶蘭】の配送は西日本のみとさせて頂きます。

関西・中国・四国・九州へお届け可能です。(沖縄・離島は除く)

【プリザーブドフラワー】は、全国対応商品です。

クロネコヤマト宅急便・福山通運に委託します。

自店配達エリアは当店から直接お届け致します。

ご注文日の3日後以降からお届け日を指定できます。

九州各県へは発送日の翌日(最短午前中)に配達致します。

ご注文後のキャンセルは、発送日の3日前までにお電話またはメールにてご連絡下さい。

また、お届け先・お客様ご都合による返品に関しましては、返金には応じられません。

お買い物ガイド

西日本へお届け可能です!

滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島(離島・沖縄県は除く)

お支払い方法について

クレジット決済・コンビニ決済・ペイジー決済・銀行振込・郵便振替に対応しています。

お問合せはこちら

メールまたはお電話にお問い合わせください

お電話でのお問合せはこちら

0984-23-9892

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

用途で選ぶ